バイクツーリングのキャンプ情報サイト

バイクツーリングのキャンプ情報サイト

バイクでの旅行、バイクツーリングの情報サイトです。
お気に入りに追加メール
◇ 出発準備
キャンプ・野営の道具
持って行くバイク用品
パンクの修理について
◇ パッキング
コンテナを利用する
振り分けバック
パニアケース
◇ 旅行生活
危険な設営場所
テント設営のコツ
焚き火の知識
◇ ショップ情報
激安!革ジャン「リューグーレザーズ」ユニクロのインチキ革ジャンとは一味違う本物の革ジャン
メッキ保護剤「メッキング」バイクパーツをピッカピカに保つ驚きのメッキ保護剤
最強のバイク用グローブ-握りやすく、疲れにくいのでツーリングに最適です
バイクの査定で10万円も損しました!
バイク任意保険の料金
◇ サイト情報
お問い合わせ

バイクツーリングでキャンプを楽しもう!

バイクツーリングでの携帯電話活用術

携帯電話で市外局番のあとに「177」をコールすると、その地方の気象台の発表した最新の気象情報がいつでも入手できます。
ツーリング中、携帯電話の充電はコインランドリーがおすすめです。
大抵、コンセントの差込口があるので洗濯しながら充電します。

>>「キャンプ・野営の道具」へつづく

ツーリング中のパンクの修理

オンロードバイクはチューブレスタイヤを使用しているので、ボンベタイプのパンク修理材か、穴をゴムでふさぐパンク修理キットと小型の空気入れを持っていればなんとか応急修理が可能です。
しかしオフロードバイクはほとんどのものがタイヤの中にチューブを使っているのでパンク修理は簡単にはできません。

>>「パンクの修理について」へつづく

危険な設営場所 「大きな木の近く」

大きな高い木の木陰は雨や風を避けるのに最適な場所のように感じますが広場の目立つ場所にあると落雷の危険があります。
大きな木ではなくてもテントを設営する時には、木からできれば3m以上離れるようにしましょう。

>>「危険な設営場所」へつづく

焚き火の注意点

風で火の粉が飛んで燃え移らないように木の近くや草原は避けましょう。
テントからもなるべく離れた場所にしましょう。火の粉でテントに穴があいてしまいます。
強風になってしまったらすぐに火を消せる準備をしておきましょう。
雨の日も注意が必要です。小雨だからといって雨合羽をきて焚き火をするのは危険です。
焚き火の熱や火の粉で溶けるだけならまだしも、雨合羽に火が燃え移ってしまったら一気に燃え広がってし まいます。
薪も地面も湿っていますので雨の日の焚き火はキャンプ上級者でも難しいものです。
雨が上がるのを待ち、雨合羽を脱いでから焚き火をしましょう。

>>「焚き火の知識」へつづく



・激安!革ジャン「リューグーレザーズ」
ユニクロのインチキ革ジャンとは一味違う本物の革ジャン

・メッキ保護剤「メッキング」
バイクパーツをピッカピカに保つ驚きのメッキ保護剤

・最強のバイク用グローブ
握りやすく、疲れにくいのでツーリングに最適です

・バイクの査定で10万円も損しました!
バイクの査定で足元を見られない方法

▲ページの先頭へ
Copyright (C) バイクツーリングのキャンプ情報サイト, All Rights Reserved.